在宅ワークでカメラマン?子育て主婦のあれこれ。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

在宅ワークでカメラマン?子育て主婦のあれこれ。

専業主婦で、二児の母。細々と在宅ワークを始めました。写真を撮ってます。在宅ワークのこと、育児のこと、写真のことなどを書いています。

今日はカレーの日らしいので

料理

f:id:yuckeyworks:20170122152712j:image

ドライカレー?

キーマカレー

卵黄のせ。

付け合わせはネギのマリネ。

 

 

ところでドライカレーとキーマカレーの違いって何?

 

 

ドライカレー

1.挽肉とみじん切りにした野菜を炒め、カレー粉で風味をつけ、スープストックで味付けをして煮詰め、平皿に盛った飯に載せた料理。一種のキーマカレー(挽肉タイプ)


2.カレー風味の炒飯。家庭で簡単に作れる「ドライカレーの素」や、冷凍食品が各社から発売されている。「カレーチャーハン」とも呼ばれる。(炒飯タイプ)


3.生の米とカレー粉を具材と一緒に炒め、炊き上げたもの。カレーピラフ。(ピラフタイプ)


インド料理を原型として、日本で独特の発展をしたカレーライスのバリエーションのひとつである。日本のインド料理店において、汁気の少ない香辛料を使った煮物を、ドライカレーと称している例もある。

Wikipediaより)

 

ふむ。

 

キーマカレー

「キーマ」とは、ヒンディー語(क़ीमा)やウルドゥー語(قیمہ)で「細切れ肉」または「ひき肉」を意味する。キーマカレーは「挽肉のカレー料理」と言うだけの意味に過ぎず、特定の調理法があるわけではない。広大なインド亜大陸では地域や宗教により素材も料理法も、非常に種類が多く、現地では日本のドライカレーとほとんど同じようなものから、煮こんだスープや肉団子のカレーなど、日本で見るキーマカレーとは似ても似つかないものもある。

肉は何でも素材にされるが、インドでは宗教的な食の禁忌により、羊や山羊、もしくは鶏肉を使ったキーマカレーがほとんどで牛肉・豚肉を使ったキーマカレーは少数派である。素材は挽肉の他、ギー(インドバター), タマネギ, ニンニクやショウガなどのスパイスが使われている。またトマトやナスやジャガイモ、ヒヨコマメなどの野菜を加えたり、グリンピースを添えることも多く、ヒンディー語でキーマ・マタル(挽肉とグリンピース)と呼ぶ。ライスやチャパティと共に食べることが多いが、サモサやナンに詰めて食べることもある。

Wikipediaより)

 

 

ということで、ネギとニンジンのみじん切りと、豚ひき肉を炒めてカレー粉で味付けた私のカレーは挽肉タイプのドライカレー。一種のキーマカレー。どっちつかずですね。

2週に一度、いやそれ以上の頻度でカレーを作ってるな。同じくらいの頻度でシチューも作るので、毎週カレーかシチューが食卓に並ぶ。困った時のカレー、そしてシチュー。

 

 

あっ、茄子入れるの忘れた…。