在宅ワークでカメラマン?子育て主婦のあれこれ。

在宅ワークでカメラマン?子育て主婦のあれこれ。

専業主婦で、二児の母。細々と在宅ワークを始めました。写真を撮ってます。在宅ワークのこと、育児のこと、写真のことなどを書いています。

なぜ在宅ワークを選んだか

私は昨年の秋くらいから在宅ワークに興味を持ち、クラウドワークスに登録しました。

 

仕事を辞め専業主婦になり、第二子を出産。

家で子ども二人の育児をしているうちに、やっぱり働きたいという思いが強くなってきました。

でも私には、何かあった時に頼れる祖父母がいません。また、転勤族なので、いつまでこの土地にいられるかわからないという不安もあります。

 

 

無我夢中だった会社員時代

第一子を保育園に預けて働いていた時は、ギリギリの時間まで保育園に預け、迎えが間に合わない時はファミリーサポートの方にお願いしたこともありました。

子どもの熱が上がっても仕事を休めない時は、病児保育に預け働きました。 

 

私は要領も悪く余裕もなかったので、そんな働き方に限界を感じ仕事を辞めることに。

仕事もバリバリして、家事もして育児もして…そんなスーパーウーマンにはなれなかった。

 

仕事を辞めてしばらくは、自分はなんてダメなんだと落ち込んだこともあったけど、立ち止まって生活を見直すことが出来たのは、今となっては良かったと思える。

あの時は必死にしがみついて働いていたけど、もっと、自分に合った働き方を探そうと思うきっかけになりました。

 

 

働くにあたっての不安

子どもが発熱し保育園からの迎え要請にどう対応するか

子どもの病気等で仕事を休まなければいけない時

土日祝日や長期休暇など保育園に預けられない時に仕事があった場合

 

どれも、働くお母さんなら思い当たることばかりだと思います。

 

そんな中で見つけた、在宅ワークという働き方。

 

 

在宅ワークという働き方

通勤もなく、好きな時に、好きな場所で働ける。保育園からの電話にビクビクしながら働かなくてもいい。もし子どもが病気になっても、そばにいてあげられる。

もし今住んでいる土地を離れることがあっても仕事を続けられる。

 

大変なこともあるだろうけど、こんな働き方もアリなんじゃないかって。

子どもの成長に合わせて働き方を変えても良いんだって柔軟に考えられるようになりました。

 

まだ始めたばかりの在宅ワークですが、今の私には無理せず続けられています。

同じような境遇の方、沢山いると思います。家事育児もあるけど仕事もしたい、そんなお母さん方一人ひとりに合った働き方を見つけられるといいですよね。

 

ほどほどに頑張りましょうね。